子連れ旅行!楽しむ+学ぶ〜愛知県の観光地〜 

旅育観光スポット

こんにちは!! さなぎです 😃 

いよいよコロナウィルスのワクチン予約が始まりました💉 

医療従事者であるご近所の方が先月受けたワクチン、2回目の接種後にかなりの高熱が出たそう・・・

副反応が出たときの助っ人を手配してから受けたほうがいいかもしれませんね。。😨

早くコロナウィルスが落ち着いて、早く旅行に出かけたいな 🐾

最近のブーム♡ ホットサンドメイカーの再来 🥪♡

母が昔に購入した年期の入ったホットサンドメーカー・・・全然使える!!

チーズをツナマヨを挟んでギュッと焼いたら「美味しいーーーー♡」

何日でも楽しめる魅力がたくさん!梅雨時期でもおすすめ名古屋の観光スポット

⚠️休館日がありますので、それぞれホームページ確認してからご出発を!月曜日が休館日のところが多いです

名古屋港水族館・名古屋港ガーデンふ頭

名古屋港にある日本最大級の都市型水族館。 イルカのパフォーマンスは日本最大のプールということもあって、とてもダイナミック”35億年、はるかなる旅”と題された北館では、主にイルカやシャチなど哺乳類の進化と歴史がテーマ。また”南極への旅”と題された南館では日本から南極に至るまでで出会う生き物たちを5つの水域に分けて紹介されています。現在から35億年前までという”時の繋がり”、日本から遠い南極という”海の繋がり”を教えてくれる水族館です。とくに「いいな!」と思ったのが、北館2階にある水中観覧席!縦4m×横29mの大きな水中観察窓から広がる水中世界。イルカのプールに繋がる水中で、「イルカパフォーマンス」が行われているときはジャンプに向かう前の力強い泳ぎを観察したり、それ以外の時間ではゆったりと泳ぐイルカたちの様子を見たりすることができます。絨毯敷きになっていて、腰を下ろしてゆっくりと過ごすことができ、こどもとゆっくり海の中を観察できるのです。

名古屋港水族館があるガーデふ頭には、名古屋海洋博物館があり、日本一の国際貿易港であった名古屋港を通じて、貿易というものを身近に学べる場所です。また船舶の操縦体験ができるシュミレータ工作教室もあり、夏休みの宿題のヒントが得られそうです。

ガーデン内には南極観測船ふじが船丸ごと展示されており、操縦室や医務室、乗組員たちのプライベート空間であった居間など、当時の姿そのままに残されており、大人もワクワクしますね。

名古屋港水族館 詳しくはコチラ

レゴランド・ジャパン

2017年4月、名古屋の金城ふ頭にオープンした、LEGOが主役のテーマパーク!なんとレゴランド・ジャパン・ホテルもあるんですよ!対象は2歳〜12歳くらいに設定されているようです。年齢によって「見て楽しむ」「触れて楽しむ」「作って楽しむ」、こどももおとなもレゴの世界にどっぷりハマりましょう パーク内には小さなこどもから楽しめるアトラクションの数々があり、レゴブロックで作られた遊園地の中に入り込んだよう♡1デイパスポートは少々お高めですが、オフピーク(閑散期)を狙うとお得です。

レゴランド・ジャパン 詳しくはコチラ

リニア・鉄道館

出展リニア鉄道館ホームページ

2011年、金城ふ頭に開館した近未来鉄道館。ゲートをくぐると迎えてくれるのが実物の鉄道たち、どーん!!と整列! 思わずこどもと一緒に「おおーっ♡」電車好きにはたまりません!走り回る我が子とスマホの画面越しに追いかける母・・・^^;・・という時間も楽しみながら、広い館内でたくさんの本物に出会える場所です。車両の展示のほかに、乗車体験ができる場所や、プラレールで遊べる場所(キッズコーナー)、ジオラマをゆっくり眺めて鉄道の世界に浸れる空間や近未来のリニアの世界を体感できる空間など、鉄道の歴史から未来までを五感を通して学ぶことができます。リニア鉄道館のコンセプトにもぐっときます。こどもが本物に触れて何かを発見し、自らの働きかけで何かが起こる「ワクワク感」を大切にされているという館長さんの言葉があり、そんな仕掛けが多い鉄道館は学びの宝庫です。

鉄道の発展と共に歩んだ自らの人生を重ね合わせ、
過去を懐かしむことも
幼少・青春・現在と成長してきた自分と、
進化を続ける鉄道の姿を同化させ、
力をみなぎらせることも
明日の鉄道と来たるべき将来を連想し、
期待に胸を膨らませることも

それぞれの世代を魅了する、夢と想い出のミュージアム
それが「リニア・鉄道館」です。

リニア・鉄道館 詳しくはコチラ

名古屋城・金シャチ横丁

金のシャチホコが特徴的な名古屋城。名古屋に来たからには一度は足を運びたいですね。また名古屋城下のエリアにできた商業施設 ”金シャチ横丁” には「伝統・正統」をコンセプトにした江戸時代の商家を思わせる建物が並び、”名古屋めし”ランチやお買い物ができます。

1615年(慶長20)、徳川家康によって建てられた名古屋城。

黄金の鯱を頂き、史上最大の延床面積を誇った大天守、絢爛豪華な本丸御殿、

さらに鉄壁の守りを固めた要塞としての機能を備え、 

城郭として国宝第一号に指定された名城でした。

戦災で焼失後も、国内屈指の城郭として国の特別史跡に指定され、

復元された本丸御殿などが、往時の姿を鮮やかに伝えてくれます。

引用元:名古屋城ウェブサイト

名古屋城 詳しくはコチラ

名古屋市科学館

名古屋市の中心にある名古屋市科学館。大きな球体の建物が印象的です。そしてここは最高です! 館内は理科の実験を大きな空間でしているような感じで、あまり得意でない分野でも、スッと入り込める世界です。名古屋駅からも近く、駐車場もあります。科学に興味がある子は特に、絶対行って欲しい場所です。

世界最大(内径35m)のプラネタリウムは、限りなく本物に近い星空が再現された世界一の大きさを誇ります。星空って絵本やお話で知っているけど、なかなか見ることができないですよね。星座なんて幻なんじゃないかと思いますが、プラネタリウムでリアルに近い星空が観れることはとてもいい刺激です。

名古屋市科学館 詳しくはコチラ 

名古屋市東山動植物園

出展東山動植物園ホームページ

市営の動植物園で、なんと中学生以下は入園料無料!大人も500円というなんて良心的な施設。。敷地面積も広く、種類も多い動物と、珍しい植物に出会うことができます。こどもが0歳から楽しむことができ、少し大きくなったら植物園が特におすすめ。約7,000種もの植物が展示されているので貴重な体験ができます。

名古屋市東山動植物園 詳しくはコチラ

 

ベストシーズン

名古屋市科学館・リニア鉄道館・・梅雨時期を活用して行くのもいいかも。季節問わず♪

名古屋城・・春  言わずと知れた桜の名所

レゴランド・ジャパン・・季節を問わず楽しめます。

東山動植物園・・四季それぞれの景色に出会えるけど、春・秋がおすすめ。

愛知県 おすすめの宿

観光地が名古屋中心に集まっているので、便利さを優先して名古屋市内のホテルライフを旅育に楽しもう!

名古屋マリオットアソシアホテル→詳しくはコチラ

レゴランド・ジャパン・ホテル→詳しくはコチラ

名古屋JRゲートタワーホテル→詳しくはコチラ

三井ガーデンホテルプレミア→詳しくはコチラ

愛知県で食べたいもの/なごやめし

手羽先・・・世界の山ちゃんの”幻の手羽先”はお土産にも人気、なごやめしの看板メニュー

名古屋コーチン

ひつまぶし・・・細かく刻んだ鰻丼を、4杯くらいに分けて食べる そのままの1杯目、海苔ネギわさびを載せての2杯目、薬味を添えての3杯目、お出汁をかけての4杯目と、蒲焼きよりもお楽しみがいっぱいな「ひつまぶし」♪名古屋は発祥だったんですね!

味噌を使った料理・・愛知県に根付く赤味噌文化。味噌カツ、味噌煮込みうどん、どて焼きなど、なごやめしの主役です

モーニング文化・・モーニングという習慣が名古屋が発祥とのこと!ホテルでの朝食を、近くのカフェでモーニングに変えてみるのも新鮮ですね♪

【S-5】【メール便対応B】【期間限定・20%OFFクーポン】5/31(月)17:59まで★【送料無料】ピグメント加工 フレンチスリーブ Tシャツ レディース コットン クルーネック サイドスリット ヘムライン 春 夏

旅育のヒント

名古屋市科学館・・科学館って遠足でも利用されそうなくらい旅育にはピッタリですよね!館内に詰まった科学の世界に触れ、たくさんの「なるほど!」を見つけることもいいですし、プラネタリウムで星の世界を一緒に体験し、いつか世界のどこかで同じような星空を見に行きたいねと目標にするのもいいですよね。

リニア鉄道館・・鉄道が好きな子どもにとって、鉄道館は行くだけでも価値がありますが、鉄道の仕組みや、歴史、未来を少しでも考えるきっかけになったら一度の旅行の意味が広がります。

ホテルライフ・・ホテルは旅館と違ってまた特別な発見がありますよね。そもそも外国の文化の象徴のような、靴でそのまま部屋に入ることであったり。バスルーム・ユニットバスも普段の生活とは異なった様式です。ベッドにかけられたベッドライナー(帯のようなもの)の理由(飾りではなく、家の中でも靴を脱ぐ習慣がない欧米人が靴を履いたままベッドに足を投げだすときに汚れを防ぐためのもの)から外国の生活を学ぶことにもつながります。

レゴランド・ジャパン・・レゴブロックは実にカラフル!赤ちゃんのときはたくさんの色を見ることがいいと言われています。また想像することや、手先を使って組み立てることは幼少期に大切な五感への刺激になると思います

名古屋海洋博物館・・普段私たちは「モノ」に囲まれて暮らしています。その多くが海外との貿易によって船で運ばれています。でもそこで立ち止まって考えることってないですよね。私は社会の授業で「貿易」と聞くだけでも苦手なワードと認識していました。教科書の中では具体物を目にできず、身近なものではないと感じてしまうからだと思います。本来物流って身近な存在のはず。全ては繋がっているんだ!ということを体感できるといいなと思います。

名古屋城・・歴史を遡りながらお城を見学することで、社会の教科書との一致がより記憶に残りやすいです。別の視点から、名古屋城の復元の過程に目を向けることも学びにつながると思います。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました