37になってあふれてくる夢。

ひとりごと

こんにちは! さなぎです🍇

みなさんは”夢”ってありますか?

私は昔から、遠い未来の ”夢” や、近い日の ”目標” というものを掲げるのが苦手で、

大きくなったら何になりたいとか、特技、趣味をですら、ペンを持つ手が止まってしまうような子でした。 

単純に ”好きなこと” が少ない子供だったような気がします。

概ね幸せな毎日だったのですが、小さい頃から特技や趣味、夢を、さっと思いつく子がとても羨ましく思っていました。

一応原因を考えてみたりすると、「出逢いが少なかったこと」に行き着きました。

大きくなってから、

本を読んだり、

旅行に行ったり、

新しい友達と出会って、

いろんな考えの発見があったりする中で、

どんどん”好きなもの”が見つかるようになってきたと思います。

そして37歳という今になり、夢が溢れてきております・・・

子供にたくさん経験をさせたい!と必死に思うのは、

子供の「好き!」を、小さいうちにたくさん見つけてあげたい!という気持ちが強いからかもしれません。

今の私は、夢を大きく掲げるとしたら、「英語を話したい」とか、「子供と世界を回りたい」とか思っているのですが、

近い目標としては、子供とオーストラリアに親子留学に行くことです。

親子留学というと語学の勉強のイメージが強いので、オーストラリア旅行ですね。

それも、子供が低学年のうちに行ってみたい。

コロナウィルスはさて置き、行けない言い訳はたくさん思いついてしまいます。

お金の余裕がないな。主人の休みが取れないな。でも私だけで2人連れてくのは無理だ。子連れで乗り継ぎとか頭痛い。・・・など。

オーストラリアの中で行きたいのは、シドニー、ケアンズ、ゴールドコースト、か、西側のパース。

行ったことのないシドニー、ケアンズ、ゴールドコーストか。

本当に素晴らしかったパース。

パースは旅行というよりは、暮らすというところに良さが引き立つ場所です。

学生時代の、今とは違った感性を持って旅した3週間でしたが、

いつか子供を授かることができたらもう一度、この景色を一緒に見たいなあと思って帰ってきました。

パースの街では、青く澄んだ空と、綺麗な街並み。

特別な観光名所は少ない方かもしれませんが、パンフレットで見る写真以上の景色が待っています。

そこからバスで10時間揺られて到着したモンキーマイヤで見た星空。

本当に天の川ってあるんですよね。

あんなに綺麗な星空は信じられなくて、でも当時のカメラでは上手く映らなくて、それこそ心に焼き付けた思い出です。

ガイドさんや同行者も外国人なので、下手以下の英語で会話に挑んだりしていた20歳の私たち。

子供を連れて行ったら、どんなにたくさんの新しいものに出会えるだろうってワクワクしてしまいます。

宇宙に行きたい、月に行きたいと違って、

同じ地球で、行けないこともないのに、行けない理由を見つけてしまう今日。

でも目標というか、近くもつ夢として、絶対に叶えたい!! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました