産後の私を支えてくれた8つのグッズたち

ママLife

こんばんは🌙 今夜は起きてこれました 🌛

最近保育園のお昼寝がなくなり、夜の寝付きも格段と良くなり、寝落ちせずにすみました ✌🏻

もともと私は、布団に入ってもなかなか寝られないタイプの人間だったんですが、

子どもを寝かしつける時ってなんであんなにスッと落ちるんでしょう。。

寝たフリをすることが一番無心になれて眠くなるのかな。。

上の子が小学校に入り、育児もひと段落ですが、

妊娠中からいままでお世話になってきた、買って良かった、元は取ったと思える商品をを書き出してみます。

8位 赤ちゃんとのトイレタイムがぐっと楽、オムツポーチ

オムツポーチってご存知ですか?ママの鞄には、財布やメイクポーチなどの他に、母子手帳、オムツ、おしりふき、マグ、離乳食、スタイ数枚、着替え、タオル、授乳ケープや哺乳瓶、お菓子、おもちゃ、などなど、出かけるとなると大荷物・大重量です。いざ出先で赤ちゃんのオムツ替えにトイレに行くと、置く場所に困ったり、必要なものがすぐ取り出せなくて焦ったりします。もし家族に荷物は任せて、オムツポーチだけ持って行けるととても便利なんです!  ポーチごとマザーズバッグの中に収めておけばOK♪ オムツ年齢が過ぎても、旅行先などで活躍するポーチとして長く使えます!

7位 ちょっとそこまで!のお散歩や買い物に!ミニショルダーバッグ

スマホと、カード類(または財布)、鍵など入れば十分なサイズのものが一つあると、赤ちゃんを抱っこしながらでも邪魔にならず、お散歩や買い物の時に便利です。最小限のものだけ肩から下げていけるので快適♪少し大きくなってからも公園に行くときや、保育園の送り迎えの際などとても長く使えます。

6位 しばらくは足に負担がかかりがち。履きやすいスニーカー・スリッポン

赤ちゃんが生まれてから、いえ、妊娠してからというもの、ヒールやパンプスなどははかなくなり、もっぱら歩きやすいスニーカー頼りです。世の中には機能に優れたスニーカーってたくさんあるんですね!!妊娠後期はいっぱい歩くことも大事ですし、子どもが幼少期はそれこそ公園率が高くなります。両手がふさがってても脱ぎ履きしやすいスリッポンも必須アイテム♪

5位 まさにママの右腕的な存在 抱っこ紐

どんどん種類が増えてきますが、一つは購入される方が多いかなと思います。デザイン性も重視したくなりますが、自分にとっての使いやすさを重視して、色々試着してみると良いのかなと思います。赤ちゃんが生まれてから購入するのも良いかもしれませんね。お出かけや買い物、お散歩など2歳くらいまでは使用頻度が一番高かったかもしれません!

4位 お出かけのモチベーションを上げる、マザーズバッグ

多くのママが一つは持っているかもしれませんが、これもとても活用しました。マザーズバッグとして販売されている鞄って、多くのお母さんの声から生まれましたといったものも多く、たとえ赤ちゃんがいなくても旅行にピッタリ!と思ったくらいです。軽い、ポケットが多い、デザイン性が高い、撥水加工してある、丈夫など、早く欲しかったと思ったほどです。特にTHEATHEAのサシャシリーズは愛用していましたが、可愛いデザインと機能性がgooddです!

3位 病院の受付時に役立つ、母子手帳ケース

妊娠して意外にも早くから手にする母子手帳。初めはケースまでいらないかなと思っていたのですが、母子手帳ケースというか、カードがたくさん入って手帳も収まるケースがとても重宝します。まず妊娠中は、検査に必要な補助券やエコーの写真を入れたり、生まれてからは、毎月のようにスケジューリングされた予防接種の数々、乳児医療証や病院のカードが増えてきます(小児科、眼科、耳鼻科、歯医者、皮膚科・・・)お薬手帳も持ち歩く方が良いと思うので、それらをまとめておける大きめのケースはママの強い味方です! 子どもを抱っこしながらも、さっと取り出せるよう、ポケットは多めが◎

2位 意外と長いお付き合い、抱き枕

親子ともに随分と眠りを助けてもらいました。初期の悪阻の時期も寝苦しいですが、妊娠後期もまた睡眠が取りにくくなってきます。寝返り打つのも一苦労ですし、足がつったり痺れたりと、精神的な不安も含めて、寝るときでさえもホッとできない日々が続きます。お腹が大きくなり、仰向けでも俯せでもなく、横向き(消化を助ける為には右向きがいいですが、妊婦さんは左向きの方が血の巡りがいいとか・・)で寝ることが一番安心。 妊婦さんにとって一番理想とされる寝るときのポーズ「シムスの姿勢」を無理なく支えてくれるのが 抱き枕なんです。気持ちも安心できて、そのリラックス効果で赤ちゃんにも良い影響ですよね。私は8,000円ほどの物を購入したのですが、その後授乳クッションとしても役立ち、ベビーベットで寝ない赤ちゃんでもこの丸い形の中だとスヤスヤ寝てくれることもあります(口が塞がらないか確認は必要ですが。。)赤ちゃんが幼児になると布団からはみ出したときのクッションとして使えますし、本当に重宝しました

1位 ママの時間が確保しやすくなる、ベビーカメラ

1位はこの蛯原英里さんオススメのベビーカメラです!まずデザインが可愛く、大きさも小さめで、寝室を見守ってくれている存在感がとても落ち着くんです。まさにママの右腕となってくれる相方なんです。赤ちゃんを近くで寝かせていると、小さな物音でも起きてしまったり、兄弟が遊んでいたりして危ないという時はありませんか・・?だからといって別室に寝かせていると、気になって家事に集中できなかったり。。そんなとき、この可愛いモニターに可愛い我が子の寝顔が映り、それを見ながら洗い物や料理ができます。夜、寝かしつた後もゆっくりテレビを見ながら、安心して自分の時間が確保できます。夜中真っ暗な部屋の中も映像が映るようになっていますし、音声も届けてくれるので、泣き声が聞こえたら様子を見にいったり。私にとっては間違いなくお値段以上の活躍ぶりでした。

番外編

キズパワーパッド:歯が生え始める6ヶ月頃・・授乳の時に当たって痛すぎる。。そんな時にキズパワーパッドを乳首に合わせて切って貼って、心底救われました。また子供が怪我や軽い火傷をした時も、キズパワーパッドならすぐに痛みが引くので、頼もしいお助けマン、常備薬です♪

ウォーターサーバー:完全母乳に近かったため、ミルクを作る手間に追われた経験がないのですが、友人はかなり重宝していたようです。清潔な熱湯と水がすぐに出てくるので、いい温度のミルクがすぐに出来上がる

イチジク浣腸:便秘気味の子には躊躇なく使った方がいいそう・・我が子もいっとき使ってましたが、特に癖になることもなく、離乳食など食事が変わったことで解消しました。旅行に行く前など、途中で大量にされると困るし、赤ちゃん自身もしんどいみたいなので、よく使用していました。

ルイボスティー:産前からお世話になっていましたが、産後、授乳のときもカフェインは控えたいですよね。本当にお母さんは大変です。!夜中の授乳には水分補給が必須!毎晩ルイボスティーをベットの横に置いて挑んでいた夜が懐かしいです。。いい想い出♪

【every frecious(エブリィフレシャス)】

逆に、張り切って買ったけど、使う期間が短かったり、そんなに高くなくてよかったなと思うものもあります。

・チャイルドシート・・絶対必要なのですが、5、6万するような高価なものは必要なかったなと思います。兄弟が増えたりセカンドカーを買ったりすると台数がどんどん必要になりますし。赤ちゃんの安全となると金額も厭わない気持ちはわかりますが、せいぜい2万くらいで充分、もしくは中古品でも良いのではないかと思います。

・離乳食調理器具・・すったり、おろしたり、刻んだり、元から家にあるものでできます。一応重宝したといえば、外食する際にうどんなど麺類をカットできるハサミはよかったですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました