小さな頃の家族旅行は忘れてしまうの?〜旅育BOOK 教えて茂木先生より〜

旅育の話

こんばんは!さなぎです 🐬

みなさんは過去の記憶、過去に旅行に行った記憶などはどのくらい残っていますか?

そもそも3歳以前の記憶ってありますか?

最近「幼少期の記憶」について夫と話していると、あまりに差があり、衝撃を受けました。

男女の差ということなのでしょうか。

とすると我が息子2人も、この超絶な日々のことなど全く記憶に残らないのでしょうか。。

わたし:3歳の七五三のときに抱っこをせがんでばかりで怒られた。でも帰ってから靴の中に異物が入ってたことがわかって、足が痛かったんだとわかってもらえてすごくホッとした。・・・なんて記憶が残っていたり、4歳のとき幼稚園で好きな男の子がいて、帰り道に手を繋ぎたくて泣いてしまい、周りから心配されるけど、本心は恥ずかしく言えない、と困っていた感情などをはっきり覚えています。

夫:小一までの記憶がほぼ無し。小四くらいで急に周りが見えるようになり、ようやく人の気持ちを考えるようになった・・・・・えっ 👻 小さい頃は冬のスイミングが寒くて嫌すぎた、とかしか覚えていない・・・

そんなものなのか ょ(;´д`)

でも、自分を振り返っても、何かの衝撃と合わせて感じた場面ってすごく覚えていると思いませんか??

夫の場合でも、冬の冷たいプール(温水じゃなかったらしいです・・)でのスイミングが、体感として寒くて記憶に残っているのだと思います。。笑

そして勝手な解釈ですが、わたしと夫のこの違いは、男女ということに加えて、

わたしの方が良くも悪くも感受性が強く、すぐに衝撃を受けるところにあるのかもしれません

息子に関してはまだまだ、将来から振り返ることはできませんけど、

何か発見したり感動したときの目の輝きを見ていると、「これって忘れないよね」と思えてしまいます。

この記憶について、脳科学の茂木先生によると、

たとえ、言葉にできるような記憶としては残っていなくても、「プロセス記憶」として、脳の中に痕跡が残っているらしいです。

難しいところはわからないものの、トラウマもそれに当てはまるのでしょうか。

自分で気づいていなくても、過去の行動は何かしらその後の自分に影響を与えていることは間違いなさそうです。

の記憶というものは不思議なもので、明示的に覚えていないことでも、痕跡としては頭の中に残っています。一時的に覚える短期記憶や、ずっと覚えている長期記憶といった区別は多くの方がご存知かもしれません。記憶の中枢の一つは海馬で、海馬の働きによって、短期記憶が長期記憶に変えられます。最近の研究では、記憶全体を、短期記憶や長期記憶を含めてプロセス記憶としてとらえるのがよいと提唱されるようになってきました。

「プロセス記憶」とは、過去の経験が、いまの自分のものの見方、行動の仕方といった「プロセス」に影響を与えるという考え方です。たとえ、言葉にできるような記憶としては残っていなくても、「プロセス記憶」として脳の中に残っている痕跡が、成長したのちの子どものものの見方や行動に影響を与えているのです。

脳の中では、過去は育てることができます。おとなになって、自分が小さなときに親と一緒に旅をした写真や動画を見ることで振り返り、それを安全基地として、自分の中で大きく膨らませることができるのです。

旅をするということは、記憶を通して、未来に花が咲く「種」を植えることに似ているのかもしれません。

引用元:旅育BOOK 教えて茂木先生 より

また、本当の記憶なのか、あとで写真を見たときに想像した場面を記憶と勘違いしているということもあると思います。

同書の中には、思い出を形にして残すことの重要性も記されています。

少期の子どもはいつも未来を見ています。あんなに楽しみにしていた旅も、「旅行で〇〇して楽しかったね」と声をかけると、「あれ、そんなことあった?」という反応でがっかりする・・なんてこともよく聞かれます。

日々刺激を受け、身も心も成長し続ける幼少期の子どもにとって、過去を振り返る暇はないのかもしれません。

でも、旅の最中や帰ってからのひと工夫で、記憶に長く残し、旅育効果を上げることはできます。

脳は必要ないと判断したものは3日で80%を忘れてしまうというデータがあり、帰宅後に旅での印象的なシーンや楽しかったことを思い出す機会をつくることが、記憶に残すために重要です。

写真や旅先で得た資料を整理する、長期休暇の自由課題になる作文や絵日記を書くなども、旅を振り返るきっかけになります。

引用元:旅育BOOK

今までの家族旅行では、

旅行先の資料や写真をまとめたり、それこそ子どもと一緒に作成したりまではできていないんですが、

赤ちゃんのときから半年に1度のペースで、写真をブックにしてコメントを書いています。

遠くに住む母への贈り物として始めたことなんですが、

それをトイレの度に息子が見て、○歳のときに□□へ行ったんだよね!△△がびっくりしたよね!

と自然と振り返っているのを思い出し、確実に長期記憶になりつつあるなあと実感しました

旅行だけでなく、赤ちゃん〜幼少期の間って、何もかもが非日常だと思うんです。

初めてのときは毎回写真を撮る癖がついていて、これが本当に続けててよかった!と思っています。

夫の遺伝子が怖いですが。。笑

将来どんな記憶に残っているかが楽しみ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました